不妊原因

不妊症には、さまざまな原因があります。いくつかの原因が重なっていることもありますし、明らかな不妊の原因が見つからないということも有り得ます。では、女性が起こり得る不妊症の原因にはどんなものがあるのでしょうか。まず、卵管に問題がある場合です。

例えばクラミジアなどに感染してしまった場合、卵管に卵子を取り込みにくくなってしまいます。女性はクラミジアに感染したときにも自覚症状が出づらく、発見が遅くなってしまうことも原因です。他にも、骨盤の中の手術を受けたことがある場合には、卵管周りの癒着が起こっている可能性があります。月経での痛みが多く出る場合にも注意が必要です。

次に排卵に問題がある場合です。排卵にトラブルを抱えている人の原因はさまざまです。ホルモン分泌に何かしらの問題があることもありますし、精神的なストレスがある場合、過度なダイエットをしたときにも起こりやすくなります。一般的に、日本では45~56歳の間に閉経しますが、20代でも卵巣機能が低下してしまうことも珍しくはありません。また、子宮自体に問題がある場合もあります。子宮内のトラブルは子宮筋腫や粘膜下筋腫が考えられ、着床がしづらい状態になります。そもそも精子が卵子に辿りつくことを妨害することもあるそうです。月経量が極端に多く貧血になっている、もしくは月経量が少なくなっている(アッシャーマン症候群)場合には、何かしらの問題がある可能性があります。

他にも頸管に問題がある場合や、免疫に問題があるということもあるそうです。これらの問題が検査で判明すれば良いですが、三分の一ほどの割合で「原因不明」とされることがあり、年齢などが問題になることもあるそうです。

⇨MAEMUKI ーポジティブ思考で不妊治療!! TOPへ⇦